ブログ

【再投稿】台風被害は火災保険の対象です。

【日本の約80%の住宅は火災保険の適用申請をしていない】

◆◆屋根無料点検は随時受付中です◆◆

台風や突風の被害があったとしても、

屋根の状況をすぐ確認できる人なんていません。

そもそも、

はしごをかけて屋根の状況を見たり

写真を撮れる人は、

まずまずいません。

瓦や、

屋根材のようなものが、落ちていれば

被害があったと気づきますが、

又は、

天井にシミが出てきたとか、、

まっ、いいかな、目立たないし。

ということで、

そのまま放置されて

数年経過しているお宅が非常に多いようです。

当たり前なのですが、

その被害が適正であれば、

火災保険が適用になるんです。

以外と、

知らない方が多いのです。

保険会社は、少々の被害では、いちいち電話とか

『 保険が適用になりますよ! 』

などと、親切に連絡はしてきてくれません。

基本は、

被害申請をしないかぎり永遠と保険手続きはされません。

火災保険金額をずっと

支払い続けている理由ってなんですか?

火災に遭った時はもちろんですが、

自然災害時にも適用されることを知っておいたほうが

いいです。

被害に遭ったのであれば、

火災保険適用申請。

台風の時しか雨漏れしないからといって放置していると

どんどん痛みが広がりますので、

お早めに。

まずは、無料点検してみましょう!

屋根の無料点検受付中です。

お電話の方は → 043-235-7017

メールの方は → info@do-house.com

大型台風が過ぎたあとや、大雪が降ったあとなど

特に注意して落下物が無いかどうか

確認してみましょう。

do.建築工房㈱ 川砂欣久

__________________________

保険金詐欺みたいなことも、記事で見かけたことありますが、

故意的に被害事実を過大させ請求する悪徳業者もいますので、

ご注意願います。

__________________________

ページ上部へ戻る